天空の城ラピュタ!無料動画視聴の裏技!あらすじとシータとパズーのその後

laputa

「天空の城ラピュタ」は1986年に公開された宮崎駿監督、スタジオジブリの作品です。

映画館で公開された後も定期的にジブリ作品特集などの際にテレビで放送される根強い人気の作品です。一度観た人も、また観る、リピーターが多い作品ではないでしょうか。

天空の城ラピュタのあらすじ

19世紀のヨーロッパを舞台にした創造された世界で、物語は繰り広げられます。飛行船で浮かない顔をしている少女、シータ。シータの様子を伺うメガネの男性はムスカです。ムスカの目を盗み、シータは飛行船の外側を必死に辿りますが、そこで足を滑らせ悲鳴とともに落下します。

その頃、鉱山で働いていた少年パズーは、空から青い光を放つペンダントをした女の子が上空からゆっくりと降りてくるのを見つけます。シータを抱きとめ、一人暮らしの家へ連れて帰るパズー。

パズーの家で目を覚ましたシータは、パズーが自宅で飛行機を作っていることや、パズーのお父さんがかつて空に浮かぶ島、ラピュタを見たことがあることを聞きます。楽しい時間を過ごす二人のもとへ、海賊のドーラ一家がシータを狙ってやって来ます。

二人はパズーの親方の家に匿われ、ドーラ一家が親方と対決を繰り広げる間に逃げ出します。ドーラ一家から逃れ、軍を見つけたパズーは安心し、助けを求めますがシータの顔はこわばります。

軍はムスカを筆頭にラピュタを目指し、そのためにシータを強制的に飛行船に乗せていたのでした。シータはムスカにより、自身がラピュタ王の血を引いていることを知らされます。後にムスカより明かされることですが、かつてラピュタでひとつだった一族は地上で別れ、それがムスカの一族とシータの一族だったのです。

閉じ込められたパズーを助けるため、シータは軍に協力するという条件を受け入れます。

シータに別れを告げられ、家に戻ったパズーはそこで宴会状態でごちそうを食べているドーラ一家に遭遇します。パズーはシータを助けたいから仲間にしてほしいとドーラに頼みます。パズーがいた方がシータは言うことを聞くと踏んだドーラは、「40秒で支度しな」と、パズー同行を許可します。

その頃、シータは幼い頃に教えられた「困った時のおまじない」を思い出し、口にします。その言葉により、ラピュタの封印が解かれ、軍に保管されていたラピュタのロボットが動き出します。要塞はロボットの暴走で大混乱となります。

そこへドーラの飛行機でシータを助けに来たパズーが登場します。「シータ」、「パズー」、名前を呼び、手を伸ばす二人。
シータを追うロボットは、シータへと歩み寄り、手を差し伸べたところで軍により攻撃を受けます。シータはパズーにより助け出されます。

シータがペンダントにしている飛行石が空を指し、軍、ドーラ一家ともにその光を頼りにラピュタを目指します。

▶︎気になる動画をチェックする

天空の城ラピュタのシータとパズーのその後

映画のエンディングにも少し出ていますが、ドーラ一家に見送られた二人は家へ帰ります。文通を続ける二人は、その後パズーの飛行機が完成し、パズーがシータを訪ねることで再会します。

▶︎思い出のマーニー都市伝説!百合映画だったのか⁈

天空の城ラピュタの私の感想

初めて「天空の城ラピュタ」を観た後、映画を観て何日経っても消えない余韻から、映画の力というものを知った最初の作品です。

アニメ映画は子ども向けという認識であった1980年代でした。登場するのは少年、少女といわれる年齢のシータとパズーでありながら、子どもにはあまりある、大人になった現在観てもまだ余韻が十二分に残る作品です。アニメイコール子ども向けではなく、子どもへ向けた匙加減なしの作品であることを無条件に感じ取っていたのだと思います。

パズーとシータの出会いの場面が神秘的です。両手を広げて受けとめようとするパズーのもとへ降りて来るシータ。飛行石の光が消えると同時にその重さを受け止め、踏ん張るあたりもいいです。天空の城、という圧倒的なスケールの作品である一方、それを追うことになるパズーとシータの等身大の姿が随所に見られます。

ドーラの「40秒で支度しな」に迅速に旅立ちの準備をし、飼っていた鳩を「元気で」と解放し、ドーラ一家に同行するパズーのフットワークの軽さとたくましさや、シータの気立てのよさや賢さは、ストーリーを追うことで夢中になっている観賞中、しっくりと心に残り、じわじわと心を惹きつけてきます。

人の欲の標的となったラピュタをシータは「滅びの言葉」により、守ります。崩れ去るラピュタ王国は、巨大な飛行石と僅かな木や箱庭を残し、空へと昇っていきます。

シータがムスカに向けた「人は土から離れて生きられないのよ!」という台詞は、映画の中のひとつの言葉を越え、重く心に残ります。人間としての生活を重んじ、人間として弁えて生きることの矜持とでもいうようなものを今でも天空の城ラピュタを観る際に思います。

それから忘れてはいけないのが、久石譲さんの音楽です。さまざまな音に囲まれた日常から、一気に「ラピュタ」の世界へと引き込む管弦楽の演奏とともに、井上あずみさんの澄んだ歌声で届けられる少し硬質でセンチメンタルな歌詞は、映画の余韻とともに記憶に留めておきたいと願わずにいられなくなります。

▶︎ジブリ・ハウルの動く城の都市伝説とは?

好きな映画・ドラマ・アニメを無料視聴

好きなドラマや映画・アニメを見逃した!もう一度観たいという方にオススメです!無料で好きな映画やドラマ、アニメ観ることが可能な動画サイトがあります。パソコンだけではなくスマホからもHDMIのケーブルを使えばTVでも簡単に視聴することができます。

無料で動画を観るには14日間の間となりますが一切お金がかからず無料で動画を視聴できるHuluがオススメです。簡単な登録が必要になりますが14日以内に確約すば無料で動画を視聴できます。もちろんドラマ・映画・アニメと動画の数も豊富!

気になる動画を無料で視聴!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。