暗殺教室!無料動画を視聴する裏技!映画のネタバレと感想

eiga

暗殺教室!映画のネタバレ

映画冒頭では武装した軍が何者かと戦っていますが、相手にダメージは与えられない様子が映し出されます。

次に場面が変わり、黄色いタコのような生命体が教壇に立ちます。落書きのような単調な笑顔の生命体に向かい、一斉に銃を向ける生徒。黄色い生命体はものすごい速さで弾を避けながら出席を取っていきます。

黄色い謎の生命体(後に教室で「殺せんせー」と呼ばれる)が、月の7割を破壊し、来年3月までに地球破壊を宣言します。

地球を破壊しない条件として殺せんせーが出したのが、進学校である「椚ヶ岡中学校」のE組の担任になることでした。E組は学校内で低く見られる「END」が由来するクラスです。

防衛省から来た烏間とともにやって来た殺せんせーを生徒たちは暗殺するという任務が課せられます。殺せんせーにだけダメージを与える特殊なナイフとBB弾を使用した銃で殺せんせーを狙います。

成功者には100億円が与えられることになり、生徒は殺せんせーを狙いますが、その中で、殺せんせーは「絵顔で胸をはれる暗殺を」と生徒を諭したり、勉強する姿勢にさせたりと、生徒たちを変えてゆきます。生徒たちは殺せんせーの苦手とする水を使い、殺せんせいーを追いつめます。殺せんせーは完全防御態勢の球体に入り込みます。

以前体育教師として赴任し、その指導から生徒と対立して怒りを抱えたままの鷹岡がやって来ます。鷹岡が仕込んだ毒で何人かの生徒が倒れます。鷹岡は殺せんせいーと引き換えに解毒剤を渡すと言います。

触手を持つイトナから殺せんせーを連れて逃げる渚と業は、イトナの弱点である雨が降ることを予測し、イトナからの危機を逃れ、学校へ戻ります。理科の得意な奥田が解毒剤を作り、鷹岡は生徒たちに囲まれます。

軍に殺せんせーを引き渡し、殺せんせーが完全消滅したことを喜ぶ大人たちの後ろで涙する生徒。渚にそっとハンカチを差し出す黄色い手が見え、そこには殺せんせーがいた、という終わりです。

気になる動画を2週間無料で観る

暗殺教室!映画の感想

映画公開まで殺せんせーが誰かということが注目され、その声が二宮和也さんだったとわかり話題になりました。

タイトルからは、とても怖くて、重いテーマの作品を連想していましたが、見やすい作品でした。殺せんせーを狙う武器が人を傷つけない、という設定も安心感を与える要素のひとつだと思います。

映画には、もうさまざまな作品に登場されている有名俳優さんから、生徒役として出演されている俳優さん、女優さんもドラマやCMで活躍されている方が多いのもこの映画の特徴であり、楽しめる点でもあると思います。

映画の進行とともに忘れがちになっていましたが、「E組」という設定も、自己肯定の難しさにおいての大きなテーマだと個人的には考えました。原作を知っている方も、知らないという方も楽しめる作品だと思います。

▶︎映画・母と暮せば!無料動画視聴の裏技!二宮和也の演技力

好きな映画・ドラマ・アニメを無料視聴

好きなドラマや映画・アニメを見逃した!もう一度観たいという方にオススメです!無料で好きな映画やドラマ、アニメ観ることが可能な動画サイトがあります。パソコンだけではなくスマホからもHDMIのケーブルを使えばTVでも簡単に視聴することができます。

無料で動画を観るには14日間の間となりますが一切お金がかからず無料で動画を視聴できるHuluがオススメです。簡単な登録が必要になりますが14日以内に確約すれば無料で動画を視聴できます。もちろんドラマ・映画・アニメと動画の数も豊富!

今すぐ2週間無料で動画を観る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。