思い出のマーニー都市伝説!百合映画だったのか⁈

omoide

2014年夏に公開されたジブリ映画『思い出のマーニー』。スタジオジブリ初のWヒロイン長編アニメとして話題を集めました。その2人のヒロインが背中合わせに手を握り合う様を描いたポスター。

「あなたのことが大好き」というキャッチコピー。

そのような設定から、巷では「百合では⁈」との噂が飛び交いました。「百合」を期待して映画を観に行った人も少なくなかった模様。ジブリ映画としては、珍しいお膳立てでした。

そもそも「百合」とは?

omoide

『思い出のマーニー』が百合映画だったかどうかを検討する前に、そもそも「百合」とはどういうことなのかを整理しておきましょう。

「百合」とは、ガールズラブのことです。女性同士の同性愛に近い関係です。ただし、肉体関係を持ちません。その点がレズビアンとの明確な違いと言って良いでしょう。自分が同性の相手に対して抱いている愛情が同性愛とは認識していないという点でも、レズビアンとは異なります。

男性同士の同性愛をテーマにした雑誌『薔薇族』に対する言葉として、「百合」という言葉は広まりました。1990年代以降の日本の漫画、ライトノベル、アニメ、同人誌のジャンルを指すことが多いとされています。

▶︎千と千尋の神隠しの都市伝説!ハクは最後八つ裂きになったのか?

百合っぽさ満載の前半

omoide

「百合」につられて観に行った人たちを満足させるシーンが前半に多かったのは、事実です。2人のヒロインが初めて出会ったシーンでは、マーニーはいきなり杏奈の手を取ります。しかも、両手で包み込むように優しく握ります。驚く杏奈。杏奈が顔を赤らめた段階で、「百合!」とテンションが上がった人は少なくなかったようです。

婆やたちに見つからないように木の陰に隠れようとしたマーニーは、杏奈の肩を抱き寄せます。抱き寄せられて顔を赤らめる杏奈。2人の少女が、大人たちに隠れて親密な関係を急速に築いて行く様は、マーニーの正体が分からない観客には「百合」疑惑を強める効果がありました。「百合」を期待して観に行った観客たちが満足したのが、前半の描写です。

▶︎火垂るの墓の都市伝説!節子の死因は栄養失調ではなかった!?

百合っぽさは集客のための演出ではない

omoide

「百合」を期待して劇場に足を運んだ観客が多かったのは、事実です。しかし、大半の観客は、物語の後半になって良い意味で期待を裏切られます。ただの友達ではなかったマーニー。時空を超えた肉親の愛情が明るみに出た時、マーニーが杏奈に対して初対面から過剰なスキンシップをとった理由が判明します。

一方、杏奈も、成長する過程で、友情の枠をはみ出す必要がありました。自分は誰にも必要とされていないと心を閉ざした少女が、養父母に愛情を抱き、人生を受け入れていくには、愛情との境界が定かでない友情が必要だったのでしょう。子供とはすでに言えない。けれども、大人でもない。少女という微妙な年齢にあった杏奈。友情と愛情が分かちがたく結びつき得る年齢だからこそ、杏奈の心を開くために、アーニーは同じ年頃の少女として姿を現したのでしょう。

制作にあたって、米林宏昌監督は、「大人の社会のことばかりが取り沙汰される現代で、置き去りにされた少女たちの魂を救える映画を作れるか。」と自らに問うたと言います。置き去りにされた杏奈が現実世界に戻り、愛情を受け入れるようになるためには、少女特有の同性の友達への濃い友情が必要だったのでしょう。そうした友情が「百合」の域を出ることを証明したのが、『思い出のマーニー』だと言えます。

好きな映画・ドラマ・アニメを無料で視聴する裏技

好きなドラマや映画・アニメを見逃した!もう一度観たいという方にオススメです!無料で好きな映画やドラマ、アニメ観ることが可能な動画サイトがあります。パソコンだけではなくスマホからもHDMIのケーブルを使えばTVでも簡単に視聴することができます。

無料で動画を観るには14日間の間となりますが一切お金がかからず無料で動画を視聴できるHuluがオススメです。簡単な登録が必要になりますが14日以内に確約すば無料で動画を視聴できます。もちろんドラマ・映画・アニメと動画の数も豊富!

今すぐ2週間無料で動画を観る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。