映画シンデレラ!無料動画視聴の裏技!あらすじと感想!

Lily James is Cinderella and Richard Madden is the Prince in Disney's live-action CINDERELLA, directed by Kenneth Branagh.

ディズニーによってあの名作「シンデレラ」が実写として登場!1950年にも同名での映画が上映されましたが、時代の流れというのは凄まじく!昔のシンデレラと比べるととんでもなくクオリティが上がっていました!

映画シンデレラのあらすじ

cinderella1
主人公のエラは、美しい容姿を持ちとても家族に愛され裕福な家庭に育ちました。しかし幼くして母を亡くしてしまいます。母の教えから「辛くても勇気と優しさを忘れない、そして魔法を信じて」という言葉を胸に、それは純粋で優しい女性へと成長していきます。

仕事で家を留守にしがちな父は、娘の為を思い再婚をします。継母と連れ子のドリゼラとアナスタシアが家にやってきます。

しかし継母は夫の娘への愛情に嫉妬し、またエラの容姿に嫌悪します。そんなある日父が仕事で亡くなり、遂に継母はエラを屋根裏に追いやり召使同然の扱いを始めます。

姉たちは煤まみれで働くエラを「シンデレラ(灰まみれのエラ)」と名付け笑い者にします。思わず家を飛び出すエラは、森へと馬を走らせます。

そこでエラが出会ったのはキットと名乗る青年でした。キットと話をしているうちにエラは、キットに好意を寄せます。

その頃しろでは息子のキットの帰りを待つ国王がいました。なんとキットは一国の王子だったのです。キットに結婚を進める王ですが、キットは森で出会ったエラの事が忘れられません。

そこでキットはエラを探すために舞踏会を開きます。もちろん招待状はエラの元にも届きます。エラは亡くなった母親のドレスをハツカネズミ達の力を借り仕立て直しますが、このドレスを姉達が引きちぎりボロボロにしてしまいます。

舞踏会に行けなくなったエラの前に一人の老女が現れ、食べ物を恵んで欲しいと願い出ます。エラは老女にミルクをそっと差し出すと老女は姿を変え妖精の姿になります。

老女はフェアリー・ゴッドマザーだったのです。

魔法の力によりかぼちゃを馬車に、ネズミを馬に、トカゲを御者に変え、ボロボロにされたドレスも美しいドレスに変え、ガラスの靴をエラに送る。しかしこの魔法は夜の12時で解ける事を伝える。

城についたエラはキットが王子である事を初めて知る。二人の楽しい時間は12時で終わってしまう。帰ろうとするエラを追いかけるキット。途中でエラのガラスの靴が脱げてしまう。

全てが元に戻ったエラですが、なぜかガラスの靴だけはそのままだったのです。

王の病気が悪化し、余命がわずかと悟った王はキットに好きな女性と結婚をするようにと伝える。キットはその言葉を受けガラスの靴の持ち主を捜すように命ずる。

継母達は舞踏会に参加したのがエラだとわかるとガラスの靴を床に叩きつけ、そのうえエラを屋根裏に閉じ込めてしまう。そして砕け散った靴を持ち、自分の娘だと告げる。

この事を知った王子達はエラのいる屋敷に現れるも王子が持ってきたガラスの靴には、サイズが合わなかった。すると屋根裏から美しい歌声が聞こえる。ネズミ達が協力をして窓を開けてくれたのだ。

王子はエラを見つけ出しガラスの靴を合わせるのだった。継母や姉達はシンデレラに許しを請うとエラは、振り向かずに継母達を許す。後日継母達は今回の一件から国外追放となりエラは王子と幸せに暮らすのだった。

気になる動画を2週間無料で観る

映画シンデレラの感想

CINDERELLA

me&meの感想と映画の評価:88点/100点

いじめられていたシンデレラがカボチャの馬車に乗って、舞踏会に行き、王子様と出会ってガラスの靴を落とし、その靴を拾った王子様がシンデレラを探してハッピーエンド……と、話の筋は知っているものの、アニメが映画などで見るのは実は初めてでした。

母と一緒に見に行ったのですが、母も私も大満足♪キャストが本当に物語のキャラクターのようで生き生きとしていました。特に意地悪なお姉さん達、本当にいい味出してました…(笑)

フェアリー・ゴットマザー役の女優さんも「ハリーポッター」のあの人だった!!と観賞後に母と盛り上がりました(笑)幻想的でファンタジー要素も満載で、演出もいちいち綺麗で画面に見入ってしまいました。

映画を観に行っても上映中によく寝てしまう私ですが、このシンデレラはそんなこともなく夢中で物語りにぐいぐい引き込まれていきました。

特に気に入ったのはシンデレラの美しい青いドレスの演出。ボロボロの服を着ていたシンデレラがこのドレスを着た瞬間、本当に華やかで輝かしくてとても美しく記憶に残りました。見終わった後すぐに「もう一度見たい!」と思いました。

DVDやBDのレンタルが開始されたらすぐにでも借りて、またあの物語に入り込みたいです♪

田中ヨシヒコ3世の感想と映画の評価:75点/100点

2015年4月に公開された、ディズニー製作の映画「シンデレラ」。近年では「マレフィセント(眠れる森の美女)」など往年の作品を実写リメイクする傾向の強いディズニーですが、今回の「シンデレラ」はかつてアニメーションで公開された「シンデレラ」ある意味で忠実に再現した映画でした。

見る前は「シンデレラのストーリーって、30分程度で終わらないか?」と思いましたが、主人公エラの生い立ちからいじわるな継母たちとの関係を描くことで、見終わった後には単なるハッピーエンドストーリーとは違った達成感のようなものがありました。

この映画のポイントは3つ。①映像の素晴らしさ、②継母の迫力、③舞踏会の優麗さ。

映像の素晴らしさはディズニー映画の粋を結集されたようなもの。アニメーションのポイントとなるシーンを忠実に再現しながら、新たな映像作品として生まれ変わりました。

また、いじわるな継母の役柄がすごい。女優はケイト・ブランシェットで、完全なる実力派女優。表情一つ、仕草一つとっても、その継母の内に秘める心情を、恐ろしくもまた切なく表現しています。すごく怖いです。

そして何と言ってもこの映画の目玉は舞踏会のシーン。DVDにはメイキングも収録されていますが、この舞踏会にかけるエネルギーがすごい。主人公エラと王子様が二人でダンスをするシーンは何度見てもため息が出ます。(映画の後、DVDで何度も見ました。)

全体的にストーリー性が高いものではないですが、その分心情的な表現や映像の綺麗さなどに惹かれ、変な言い方ですが、楽に見れる映画です。仕事に疲れて、何も考えずに癒されるにはいい作品だなぁと思いました。

JKの感想と映画の評価:95点/100点

非常に人気があるストーリーであるシンデレラですが、子供の頃から非常に大好きなシンデレラが映画化されたということで、飛んで見に行きました。

シンデレラを見て、一番印象に残ったことといえば、主人公のエラの衣装の美しさです。とてもドレスが美しく、舞踏会のシーンなど非常に綺麗で見とれてしまいました。

また、魔法をかけてもらってシンデレラは美しい衣装を身にまとい、かぼちゃの馬車で移動したりと、非常に夢があるストーリーで感動的でした。

女性にとって、シンデレラは憧れといった存在であることも多いですが、ヒロインの女性もとても美しかったのでイメージ通りでしたし、ハッピーエンドで終わったので、後味もとてもよい映画で、見終わった後はとても素晴らしい充足感や幸せな気持ちに包まれたことを思い出します。

シンデレラといえば、意地悪な新しい母親にいじめられてしまうイメージが強いですが、歳を重ねると若くて美しいシンデレラを妬んでしまう、母親の気持ちも少し分かる気がしました。

嫌われ役の新しい母親ですが、女優さんの演技やゴージャスな雰囲気も役に非常に似合っており、感心してしまいました。

シンデレラを見ると、夢をあきらめないことの大切さや、純粋な気持ちを持ち続けてひねくれず頑張る大事さに気付かされます。

▶︎マッドマックス怒りのデスロード!無料動画視聴の裏技!あらすじと感想!

好きな映画・ドラマ・アニメを無料視聴

好きなドラマや映画・アニメを見逃した!もう一度観たいという方にオススメです!無料で好きな映画やドラマ、アニメ観ることが可能な動画サイトがあります。パソコンだけではなくスマホからもHDMIのケーブルを使えばTVでも簡単に視聴することができます。

無料で動画を観るには14日間の間となりますが一切お金がかからず無料で動画を視聴できるHuluがオススメです。簡単な登録が必要になりますが14日以内に確約すば無料で動画を視聴できます。もちろんドラマ・映画・アニメと動画の数も豊富!

今すぐ2週間無料で動画を観る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。