チャーリーとチョコレート工場! 無料動画視聴の裏技!あらすじと感想!

charlie and the chocolate factory

ジョニー・デップとティム・バートンが送るチャーリーとチョコレート工場!やはりジョニー・ディップの作品はティム・バートンとのコンビが最高です!チャリートチョコレート工場を始め、シザーハンズやスリーピー・ホロウ等ダークファンタジーを描かせたら最強でしょう!

チャーリーとチョコレート工場のあらすじ

誰もが夢見る、15年もの間誰も入ったことのない魅惑のチョコレート工場。
そこへ招待されたのは5枚のゴールデン・チケットを手に入れた5人の子どもとその保護者だけ……。

ウォンカ製のチョコレートは、とんでもない魅力を誇り、常に売れ続けていました。しかし、15年もの間そのチョコレートを作る工場に入った人も出てきた人も見た者はありません。

一方、そのチョコレート工場の傍に住む少年チャーリー。彼の家庭はとても貧しく、四人の祖父母と両親とで、とても立派とはいえない、頼りなげな家で身を寄せ合って暮らしています。そんな生活に全く不満のない素直で心優しいチャーリーは、年に一度誕生日に買ってもらえる一枚のチョコレートをこよなく愛し、大切に食べていました。

チョコレート工場に思いを馳せるチャーリー。そこへビッグニュースが!
なんと、チョコレート工場へ5人の子どもとその保護者を招待するというのです。
選ばれる条件は、ウォンカ製のチョコレートに入っているゴールデン・チケットを手に入れること。このニュースによって、まさしく血眼(ちまなこ)になってのチケット争奪戦が繰り広げられます。チョコレートを大量に食べる男の子、大金持ちでとんでもない量のチョコレートを買い占めた女の子、常に負け知らずの女の子、ゲーム好きの頭脳明晰な男の子、この四人がまずチケットを入手します。

そして残る一枚。
ささやかな夢を抱いていたものの、諦めていたチャーリーでしたが、幸運な偶然が重なり5枚目のチケットを手に入れました。

夢のようなチョコレート工場への見学を許された5人の子どもとその保護者。
チョコレート工場の中はチョコレートやお菓子でできた極彩色の夢の国! 川までもがチョコレートです。
しかし、夢のように甘いこの工場は決して子どもの何もかもを許す甘い国ではありませんでした。

好奇心や自我の強さから身勝手な行動に走る、チャーリーを除いた子どもたちは、次々に工場内で災難に遭いますが、経営者でありチョコレートの天才発明家であるウィリー・ウォンカは冷淡な反応をするばかり。

実はウィリー・ウォンカはこれまでずっと工場内でチョコレートの発明に没頭してきましたが、ふと自分が年を重ねていることに気づき、工場の後継者を探そうとしていたのです。

他の子どもたちが災難に遭う中、最後まで無事に見学できたチャーリーに、ウィリー・ウォンカは跡継ぎの話を持ちかけます。その条件としてチャーリーは愛する家族と離れなければなりません。チャーリーは跡継ぎの話を辞退し、いつもの生活に戻るのです。

しかしその後、ウィリー・ウォンカとチャーリーは街で会い、チャーリーとの話の中で、ウィリー・ウォンカは歯科医師の父を訪ねます。

父と心を通わせることができたウィリー・ウォンカは再びチャーリーに工場の件を持ちかけます。チャーリーは家族と離れないことを条件にこの話を承諾するのでした。

いつもの愛の溢れるチャーリーの一家、そしてそんな心温かな一家に迎えられるウィリー・ウォンカ。その外にあるのは、寒々しい街並みではなく、夢のようなウィリー・ウォンカのチョコレート工場……。ちょっと驚きの、温かいハッピーエンドです。

気になる動画を2週間無料で観る

チャーリーとチョコレート工場の感想

『パパ、気持ち悪い』
そうお子さんの感想を述べると同時に噴き出したジョニー・デップさんの言葉が一番印象に残ってしまった映画です。極彩色のなんだかわからないけどスゴそうな映画だ、と思っていたところ、インタビューを受けたジョニー・デップさんのこの言葉で、テレビの前でなんとも力のない笑いを起こしてしまいました。

主演、ジョニー・デップさん、監督ティム・バートンさんの作品。以前にもこのお二人の作品は世に送り出されてきました。『シザー・ハンズ』のようなおとぎ話のラブストーリーとは今回はちょっと違う、というのは、真っ白なメイクに頬の横で切りそろえられた髪とシルクハット、そして自然さの感じられない独特の笑顔の主人公から感じ取れました。

映画好きの友達の評価も含め、前評判がとんでもなく高かったことと、ジョニー・デップさんのインタビューでの発言が相まっている状態で観賞しました。

この映画はただのドリーミーな映画じゃない、という予感はあったものの、観てみるとところどころに散りばめられたブラック色を含むユーモアに、かなり反応してしまいました。恐らく映画を観る人の年齢や立場、日頃の生活環境によって注目すべき点はかなり異なると思います。

子どもの頃に見れば、お菓子でできた工場が夢のように思える映画になると思います。個人的には、チャーリーを除いた四人のチケット入手者の子どもが、大人世界で勝ち上がっていく縮図のように思えました。

それと同時に、子どもの一見無邪気というか、欲望のままというか、子ども独特の正直さに対しての描写もかなりインパクトがありました。決して大人が「無邪気」の象徴とするような振る舞いだけを子どもがするのではないというリアリティ。それに対しての冷ややかなウォンカさんの、大人になる過程で育てられた忍耐と思いやりで手を差し伸べる、という行動を全く起こさないある意味とんでもなくファンタジーな性格に、目を見張るばかりでした。

そういうひとつひとつの場面が否応なく心に残り、一度観てすぐにストーリーだけを残して消化してしまう映画ではない点で、チャーリーとチョコレート工場は、その名前を聞くと、「ああ、あの映画!」と何かを話したくさせるのです。

人間離れしたウォンカさんがそれでも工場の先のことを考え、自分の手元に置いておきたいチャーリーだけを呼び寄せられず一度は断念するくだりと、父との再会を通して心に変化が訪れるあたりから、ウォンカさんがチャーリーの家族、もとい家ごと受け入れる流れは必ずしも全てが希望通りにはいかない中で見つけられる幸せであり、ウォンカさんの人間らしさを感じられる場面でした。

一人で観るのはもちろん、昔から親しい人と、これから仲良くなりたい人と観るのにも楽しめる映画だと思います。

▶︎メンタリスト シーズン6のあらすじと感想!海外ドラマの動画を無料で観る方法!

好きな映画・ドラマ・アニメを無料視聴

好きなドラマや映画・アニメを見逃した!もう一度観たいという方にオススメです!無料で好きな映画やドラマ、アニメ観ることが可能な動画サイトがあります。パソコンだけではなくスマホからもHDMIのケーブルを使えばTVでも簡単に視聴することができます。

無料で動画を観るには14日間の間となりますが一切お金がかからず無料で動画を視聴できるHuluがオススメです。簡単な登録が必要になりますが14日以内に確約すば無料で動画を視聴できます。もちろんドラマ・映画・アニメと動画の数も豊富!

今すぐ2週間無料で動画を観る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。