ピンクとグレー!無料動画視聴の裏技!加藤シゲアキ著書オススメの小説は?

pinkandgray

アイドルグループ、NEWSの加藤シゲアキさんの記念すべき第一作の小説です。
恵まれた容姿に歌やダンス、演技で表現する世界の第一線にいる方の小説ということもあり、発表とともにかなり注目された作品です。

ピンクとグレー小説のあらすじとネタバレ

物語の主要人物は、河田大貴、通称りばちゃんと、鈴木真吾、通称ごっち。物語は大貴目線で進行します。

初めに大貴と真吾が出会ったのは、大貴が引っ越してきた小学生の時でした。同じ集合住宅に住むごっちや他二人の仲間と、大貴はありふれた、そしてかけがえのない時間を過ごします。

中学校に進学するにあたり、大貴は高校付属の私立中学を受験します。受験して合格すれば今後父の転勤に伴い転校する必要がない、との目論見からでした。転校回避のため私立中進学を視野に入れ塾に通い、結果合格した、という述べ方で、高学歴志向というよりは、もともと学力が備わっている主人公であるという印象です。この時ごっちも一緒に受験し、二人は合格。中学から自動的に高校進学に至るまで一緒に過ごせることが確定します。

その後二人は順調な中学、高校時代を送ります。文化祭ではバンドも結成。女の子の存在も見え始めます。このあたりまでは、容姿、学力ともに恵まれた男の子二人の学校生活、という印象です。

しかし一方、ごっちには姉が一人おり、その姉の存在が大きな影響を与えていました。ごっちの姉はダンスをしている時に事故により入院、その後生涯を閉じています。

高校二年になった二人は駅で雑誌に掲載する写真を撮らせてほしい、と頼まれます。彼らの制服とビジュアルが写真の条件に合っていたようでした。この頃から二人は読者モデルとして、モデル料も得るようになります。

だんだんと芸能活動の場を広げた二人は、部屋を借り、一緒に生活するようになります。学園ものドラマでエキストラのような仕事をしていた際、ごっちは短い時間の出番の中でちょっとしたアドリブをし、その演技が評価され、どんどん仕事が入るようになります。

ここから二人の距離が生じはじめました。

相変わらず小さな仕事をこなす大貴と、大きな仕事が入り、不在がちになるごっち。

大貴に入る仕事には、ごっちの出演する仕事のバーターがあり、大貴はそれを受けずに、断ってしまいます。

先が見えない生活を送る大貴と、どんどん有名になっていくごっち。とうとうごっちは事務所を移籍し、引っ越しもすることになり、完全に大貴との接点はなくなってしまいます。そうした節目においても、大貴はごっちと向き合うことを避けたままでした。

時は流れ、25歳になった大貴は結局芸能界で大きな仕事をすることもなく、将来への希望や目標もこれといってない日々を過ごしていました。ある時、高校の同窓会があり、そこで大貴はごっちと再会します。

同窓会の後、ごっちは大貴に声をかけ、二人は久しぶりに同じ時間を過ごします。

その後、部屋に来てほしい、と言われた大貴が訪れたごっちの部屋で目にしたのは、もうこの世を去った後のごっちの姿でした。

ごっちがこの世を去った後、ごっちの世間へ向けての姿勢、ありかたを整えたのは大貴でした。その後、大貴はごっちとの関係から注目されるようになり、ごっちの話の小説化、映画化と話は進みます。

その中で大貴はごっちのいた世界を目の当たりにします。

有名生放送番組のゲストや雑誌の表紙になることで、どんどんと芸能人としての地位を確立していく過程や、有名人だから得られる待遇。そして、心に広がる闇。

大貴はごっちを演じる中で、ごっちと同じ道を辿っていく……という、これは映画化の演技の中ではなかったのか、映画の演技の中で!?とかなりの混乱と驚きのラストです。

気になる動画を2週間無料で観る

著者・加藤シゲアキのオススメの小説は?

加藤シゲアキさんは小説「ピンクとグレー」、「閃光スクランブル」、「Burn.―バーン―」、「傘をもたない蟻たちは」を発表されています。(2015年12月)

「閃光スクランブル」は「ピンクとグレー」を発表後、一定期間を空けてから執筆を開始した作品ではなく、早い段階から構想されていた作品だそうです。「閃光スクランブル」のあとがきでは、「ピンクとグレー」についても触れられています。

「閃光スクランブル」は「ピンクとグレー」読了後、芸能界を舞台にした加藤シゲアキさんの作品を読みたいという方にオススメです。ラストは「ピンクとグレー」とはまた異なり、読了感も違ってくると思われます。

更に「Burn.―バーン―」と読み進める人も多いようです。

加藤シゲアキさんだからこそ書け得た作品という見方ができるのと同時に、読み応えのある作品であることが、発表される本の冊数が重なった上でも支持され続けている所以ではないかと思います。

芸能界を舞台にした三作品とは一味違う新たな読了感を得られる期待大なのが、「傘をもたない蟻たちは」です。

六編の小説が収められ、読みやすいです。

個人的な受け取り方ではありますが、読み始めすぐに作品の世界観に魅了されました。読みやすくすっと読めますが、心に残しておきたい文章が織り込まれ、先へ先へと読み進めたくなると同時に、丁寧に読みたいと思える作品です。

加藤シゲアキさんの前三作品読了の方はもちろん、加藤シゲアキさんの作品と限定せずにオススメの本を探しているという方にも、推薦の作品です。

▶︎傘をもたない蟻たちは!無料動画視聴の裏技!原作のあらすじやネタバレは?

好きな映画・ドラマ・アニメを無料視聴

好きなドラマや映画・アニメを見逃した!もう一度観たいという方にオススメです!無料で好きな映画やドラマ、アニメ観ることが可能な動画サイトがあります。パソコンだけではなくスマホからもHDMIのケーブルを使えばTVでも簡単に視聴することができます。

無料で動画を観るには14日間の間となりますが一切お金がかからず無料で動画を視聴できるHuluがオススメです。簡単な登録が必要になりますが14日以内に確約すば無料で動画を視聴できます。もちろんドラマ・映画・アニメと動画の数も豊富!

今すぐ2週間無料で動画を観る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。