魔女の宅急便!無料動画を観る裏技!あらすじや感想!キキとトンボのその後は××だった!

kiki

緑の広がる美しい田舎町。草原に寝転がり、ラジオを聞いている女の子は突如立ち上がり、家へと引き返します。「私、今夜、発つことにしたの」と、部屋から家の外でキャンプ道具を車に積み込んでいるお父さんに告げる主人公のキキ。

魔女の宅急便のあらすじ

「私、今夜、発つことにしたの」と、部屋から家の外でキャンプ道具を車に積み込んでいるお父さんに告げる主人公のキキ。

キキは13歳の女の子です。キキのお母さんは魔女で、キキも魔女の修行をするため、13歳の満月の夜に住んでいる町を出るしきたりがありました。まだ早いと渋るキキのお母さんに、キキのお母さんがかつてこの町にほうきに乗ってやって来た日のことを懐かしげに話すおばあさん。

意気揚々と荷造りするキキですが、決まりとなっている黒の服はいまいちお気に召さない様子です。

キキの部屋にやって来たお父さんに、高い高いをせがむキキ。

抱きあげて高い高いをして笑った後、キキのお父さんは「いつの間にこんなに大きくなっちゃったんだろう」と静かに言います。
「辛くなったら帰っておいで」というお父さんに、「そんなことになりませんようだ」と返す無邪気で希望いっぱいのキキ。

出発の夜、町の人に見守られ、木々の鈴を鳴らし、キキは修行へと旅立ちます。

天気予報に反し、雷と大雨に見舞われたキキは貨物列車の中へ。目が覚めるとそこには海が広がり、その向こうに大きな町が見えました。

この町に決めた、と目を輝かせるキキでしたが、その町はあまり魔女には好意的ではなく、キキは意気消沈してしまいます。日も傾きかけ、町を歩いていたキキは赤ちゃんのおしゃぶりを忘れたお客さんを追いかけようとしている大きなおなかの女性、おソノさんと出会います。

おソノさんの代わりにおしゃぶりを無事届けたキキは、おソノさんの好意により、離れの部屋を借り、おソノさんとおソノさんの旦那さんでやっているパン屋さんの店番をたまにすることを条件に電話も使わせてもらえることになりました。こうしてキキは魔女の宅急便を始めることにしたのです。

キキがこの町にやって来てすぐ知り合ったのがキキと同世代と思われる男の子、トンボでした。トンボはキキに興味を持ちますが、キキは初対面で親しげなトンボの態度に戸惑います。

ある日、トンボはキキをパーティーに誘います。突然のお誘いに驚いたキキでしたが、パーティーに行こうと決めました。仕事で老婦人の家を訪れたキキは、そこでニシンのパイを作って孫娘に届けたかったものの、オーブンが温まらず作れないのでお金だけ渡すと言われます。

お金だけ受け取れないキキは、古い窯を使おうと提案し、老婦人を手伝います。パーティーの時間ぎりぎりになり、老婦人のパイを届けたキキでしたが雨に濡れ、濡れないように届けたパイを受け取った女の子は喜ぶ様子もなく、冷たい態度でドアを閉じます。

パーティーには結局行けずじまいとなり、落ち込むキキにおソノさんはある人にパンを届けてほしいと仕事を依頼します。配達先は先日パーティーに誘ってくれたトンボでした。おソノさんが気を利かせてくれたのだと気付いたキキ。

トンボを含む同世代の子が遊んでいる中、仕事をし、魔女の修行をするキキはさまざまな葛藤を通し、この町で成長していきます。

気になる動画を2週間無料で観る

魔女の宅急便キキとトンボのその後は?

魔女の宅急便は角野栄子先生の原作「魔女の宅急便」をもとに制作された映画です。

映画でスランプに陥っていたキキが、トンボの危機を前にデッキブラシに乗り、決死の救出に成功するところで映画はエンディングとなりますが、原作にはキキが成長していく過程が記されています。

その後すぐにお付き合い、というわけではありませんが、キキとトンボは結婚します。二人の子にも恵まれ、キキはお母さんになります。

▶︎天空の城ラピュタ!無料動画視聴の裏技!あらすじとシータとパズーのその後

魔女の宅急便を観た私の感想

1984年の「風の谷のナウシカ」、1986年の「天空の城ラピュタ」、1988年の「となりのトトロ」、そしてその翌年公開されたのが「魔女の宅急便」です。当時夏にはジブリ映画という風習も一部では確実に定着していたと記憶しています。

公開前にはテレビのCMで、赤い大きなリボンをした黒い服の女の子がパン屋さんでぼんやりと店番をしている場面が映し出され、そのCMだけでこの主人公は何か辛い境遇にあるのではないか、と心配しつつ映画を観られるのを心待ちにしていました。

公開当時はまだ理解できないことでしたが、キキの遭遇した新しい町でのさまざまな心細さや葛藤は、初めてアルバイトをした、初めて会社勤めをした、といった社会に触れた人の多くが感じるであろう心情が濃縮されていました。そうしたことをわかっているからこそ、キキの13歳での修行をキキのお母さんは渋り、キキのお父さんは心配していたことが伺い知れます。

ジブリ作品ならではの美しい街並みと、一気に映画の世界へと引き込み、時に涙腺を刺激する音楽。一人の無邪気に修行へ旅立つ13歳の女の子の心の軌跡は、とても上質な映画の世界に包まれていると感じました。

物語の終盤、スランプにより飛べなくなったキキはデッキブラシに乗り、トンボを救出します。寸でのところでトンボの手を掴み、ゆっくりと降りてくるトンボとキキを拍手で迎える大観衆。「デッキブラシに乗った魔女です」のリポートに吹き出しつつ、一緒に涙が出てきてしまいます。

個人的には井上あずみさんが歌う「めぐる季節」の少し切ない歌詞と、美しい旋律がとても好きです。

▶︎思い出のマーニー都市伝説!百合映画だったのか⁈

好きな映画・ドラマ・アニメを無料視聴

好きなドラマや映画・アニメを見逃した!もう一度観たいという方にオススメです!無料で好きな映画やドラマ、アニメ観ることが可能な動画サイトがあります。パソコンだけではなくスマホからもHDMIのケーブルを使えばTVでも簡単に視聴することができます。

無料で動画を観るには14日間の間となりますが一切お金がかからず無料で動画を視聴できるHuluがオススメです。簡単な登録が必要になりますが14日以内に確約すば無料で動画を視聴できます。もちろんドラマ・映画・アニメと動画の数も豊富!

今すぐ2週間無料で動画を観る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。